読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every day is a new day

ひつじのプログラミング日記。

命名規約のisとかhasとか

C# 命名規約

最近、自分の英語の出来なさを痛感しているひつじです。

というのは、命名規約のisとかhasとかいうやつです。

 

 

bool値を返却するようなプロパティに対し、だいたい頭にIsを付けちゃったりとかして、でも物によってはHasとかCanがあるよねって話です。

 

こういうところでも、プログラミングできるヤツできないヤツの違いってもうでてきますよね😓

 

参考にさせて頂いたのは以下のサイト。

 

 

ちょっと気になったのは、上記では言及されていない「be動詞+過去分詞」の形。例えばC#のButtonクラスでは「IsFocused」プロパティや「IsLoaded」プロパティがある。

 

では、「is+過去分詞」と「has+過去分詞」ではどういう違いがあるのか・・・。

 

でもちょっと考えてみて、「hasChanged」は使いそうだけど、「isChanged」は使わなそうだよねとなった。翻訳してみれば、この通り。

 

 window has changed.

ウィンドウが変更されました。

 

window is changed.

ウィンドウが変更されます。 

 

「変更された」かどうかを知りたい場合に、isChangedはおかしいですね😌